援交デリ

2019年09月24日

セフレの作り方を完全習得して2人の女の子とエッチする
高校を中退してアルバイトを転々としていた私。だけど、23歳で配送業のところで就職が決まりすぐには辞める事もなく今も楽しく働いています。だけど、最近1人の男性斎藤さんにやたら私のことをチラチラ見る人がいました。年齢は同じ年の斎藤さん。私は色々あってから男性と話すのが苦手になり斎藤さんがやたら私を見ても私はその理由を聞くことがありませんでした。
しかし、仕事で商品をお客様の家に運ぶ仕事を担当を斎藤さんとペアになり私は相変わらず話しかけなかったけれど斎藤さんから話しかけてきました。「某高校に通っていたよね。同じクラスの斎藤覚えてない。」「中退したから覚えてない。」「援交デリをやっていたのがバレて辞めたのって本当なの。」「援交デリ。何それ。親が倒産でお金がなくなって高校に通えなくなったの。」益々、斎藤さんの事が嫌になった。だけど、彼はその場ですぐに謝りそれからは何度も私に話しかけてくるようになりました。正直しつこく、適当にあしらっても話しかけてくる。仕事は楽しいけれど斎藤さんに会うのが苦痛。この話を職場で仲良くしてもらっているおばちゃんに相談すると「ようやく話しかけるようになったんだ。実は彼貴方のことが好きなんだよ。」衝撃の言葉を聞きました。どうやら高校の時から私のことを好きだったみたいです。それを聞かされてからまた仕事が一緒になり私は変に意識するようになってしまいました。恋愛をまともにしたことがない私。今では彼に会うたび緊張します。
裏デリ
援交デリバリー